ダイエット・健康 マインド・意識

筋トレを始める人の正しい目標設定方法を解説【ダイエット】

 

悩んでいる人

筋トレを始めようと思ってるんだよね!

 

良いですね!

どんな目標で筋トレをするんですか?

こば

 

悩んでいる人

目標か、、、特に考えてなかったなぁ、、、

 

筋トレを始めるなら目標を決めることがとても重要です!

せっかく筋トレを始めるんですから、僕と一緒に目標設定をしていきましょう!

こば

 

今回は、これから筋トレを始める人が、より良い結果をだすためにおこなう『目標設定の方法』について解説していきます。

 

「痩せたいな。」や「筋肉つけたいな。」と思って、自宅やジムで筋トレを始めたけど、なかなか継続できない人は、ぜひ実践してみてください!

 

『挫折しない』『より効率良く』を目的に、一緒に目標設定をしていきましょう!

※↓こちらの記事で『目標設定が必要な理由』を解説しているので、まだ読んでいない人は合わせて読んでみてください。

筋トレを始める前に目標設定が必要な理由と間違った目標設定方法【ダイエット】

 

目標設定の方法:SMARTの法則とは?

 

目標設定はたくさんの方法があり、パーソナルジムやビジネスの場などで多く活用されています。

その中でも有名なのが『SMARTの法則です。

 

僕も、色んな本に書いてある目標設定の方法を、自分やパーソナルのお客さんに試してもらいましたが、SMARTの法則が1番、筋トレやダイエットにも適しているなと感じました。

 

ですので、皆さんにもこの方法で目標設定をしていただこうと思いま

 

SMARTの法則

今回、目標設定に用いる『SMARTの法則』とは、目標をたてる時に重要な5つのポイントの頭文字を取った方法です。

それぞれ、アルファベットの意味を見ていきましょう。

 

『SMARTの法則』単語の意味

  • Specific(具体的である)
  • Measurable(計測ができる)
  • Achievable(現実的に達成可能である)
  • Result-oriented(成果に基づいている)
  • Time-Related(期限が明確である)

 

目標設定のポイントとなる、SMARTの文字に隠された5つの単語の意味はこちらです。

良い目標設定には、この5つのポイントを抑える必要があるのですが、最初から完璧な目標をたてるのはとても難しいです。

 

そこで、僕は『SMART』の最初の3つ『SMA』を抑えた目標からたててもらっています。

 

最初は『SMA』だけ考える

『SMA』とは、Specific(具体的である)、Measurable(計測ができる)、Achievable(現実的に達成可能である)の3つです。

3つの単語を意識すると「具体的で計測ができる、現実的な目標」ができると思います。

 

では実際に『SMA』を使った目標設定をみてみましょう。

具体的に、悪い目標設定と、良い目標設定はこんな感じです。

 

×悪い目標設定の例(「痩せたい」「筋トレをする」ことしか分からない。)

『最近太ってきたから、毎日筋トレをして痩せる。』

 

良い目標設定の例(何をどのくらいするのか、明確になっている。)

『85kgの体重を80kgまで落とすために、夕飯のお米を抜いて、毎日30分筋トレをする。』

 

どうでしょうか?

悪い目標設定の例だと、痩せたいことは分かりますが「どのくらい痩せたいのか」「痩せるために何をどのくらいするのか」が分かりにくいですよね。

 

逆に、良い目標設定の例は、「夕飯のお米を抜いて、毎日30分筋トレをする(S.具体性)」「85kgから80kgに痩せる(M.計測ができる・A.現実的に達成可能である)」のように、『SMA』を満たすことで、何をどのくらいするのかが、より明確になっています。

 

具体例も確認してもらったところで、皆さんにも一緒に『SMA』を意識して目標をたてもらおうと思います!

紙とペンを用意して、目標を書いてみましょう!

 

ポイント

SMARTの法則の『SMA』を意識しましょう!

『SMA』を意識すると「具体的で計測ができる、現実的な目標」をたてることができますね!

 

『SMA』を使った「具体的で計測ができる、現実的な目標」が書けたでしょうか?

 

これで『SMARTの法則』の『SMA』が終わったので、残った『RT』の部分を目標に加えていきます。

 

最後に『RT』の部分を考える

◎『SMA』を使った目標設定(具体的で計測ができる、現実的な目標)

『85kgの体重を80kgまで落とすために、夕飯のお米を抜いて、毎日30分筋トレをする。』

 

僕は、SMARTの法則の『SMA』の部分を先に考えて『85kgの体重を80kgまで落とすために、夕飯のお米を抜いて、毎日30分筋トレをする。』という目標をたてました。

 

ここまでできたら、最後に『RT』の部分を追加していきます。

『RT』とは、Result-oriented(成果に基づいている)、Time-Related(期限が明確である)の2つです。

 

『R.成果に基づいている』は少しピンとこないかもしれませんが、「あなたが本当に達成したい目標であるか」ということです。

『T.期限が明確である』は、いつまでに目標を達成するかということで、日付が入っていると分かりやすいですね。

 

『SMA』に『RT』を追加した目標設定

『85kgの体重を1ヶ月で80kgまで落として、あの服を着て彼女とニューヨーク旅行に行くために、夕飯のお米を抜いて、毎日30分筋トレをする。』

 

『SMA』に、「1ヶ月で(R.期限が明確である)」「あの服を着て彼女とニューヨーク旅に行くために(T.成果に基づいている)」の『RT』を追加して『SMARTの法則』を使った目標設定が完成しました。

 

皆さんも目標設定ができましたか?

SMARTの法則を使って目標設定をすることで、かなり具体的な目標をたてることができますね。

 

 

本当に達成したい目標は必ず深掘りしてください

タッチダウンをしているアメリカンフットボール選手

 

『SMART』の『T』である、成果に基づいた目標設定とは『あなたが本当に達成したい目標か』ということでしたね。

 

意外かもしれませんが、『本当に達成したい目標』は、自分でも何なのか気づけていない人が多くいます。

あるいは、親から進路を強制された子供のように、自分ではなく周囲から強制された目標になる人もいます。

 

『本当に達成したい目標』を考えることは、目標設定をする上でも1番難しい項目です。

 

これから深掘りの方法を解説するので、「本当にそれが欲しいのか?」一緒に考えてみましょう!

 

『本当に達成したい目標』の深掘り方法

深掘りは、最初に出てきた目標に対して『ナゼ?ナゼ?』と2〜3回繰り返していくことで、本当に達成したい目標が見えてきます。

 

最初に出てきた目標が「痩せたい」だとしたら、「なぜ、痩せたいのか?」のように深掘りをしてみましょう。

 

最初の目標『痩せたい』

ナゼ①「なぜ、痩せたいのか?」→「痩せると可愛くなれるから」

ナゼ②→「なぜ、可愛くなりたいのか?」→「可愛くなって彼氏を作りたいから」

ナゼ③→「なぜ、彼氏が欲しいのか?」→「彼氏とご飯や旅行にいきたいから」

 

深掘りした目標『痩せて可愛くなり、彼氏と一緒にご飯と旅行にいきたい』

 

最初の「痩せたい」という漠然とした目標に対して深掘りした結果、『痩せて可愛くなり、彼氏と一緒にご飯と旅行にいきたい』という、本当に達成したい目標に辿り着くことができました。

 

深掘りした目標は、ただ「痩せたい」という目標よりも、達成した時の自分の姿がイメージしやすく、イメージがしやすいということは、それだけモチベーションが上がって挫折しにくいということです。

 

上手く掘り下げができれば、より完璧な目標設定になるので、皆さんも「ナゼ?ナゼ?」と自分に繰り返してみてください!

 

 

まとめ:SMARTの法則を使って、達成した時の自分の姿がイメージできる目標をたてる

 

【SMARTの法則を使った目標設定の方法】

①『SMA』だけの目標を考える。

②『RT』の目標を追加する。

③『T』は、本当に達成したい目標まで深掘りする。

 

以上が、今回ご紹介した『目標設定の方法』です!

ここまで具体的な目標をたてるのは初めてだ、という人もSMARTの法則を使えば簡単に、具体的な目標設定ができたと思います。

 

③番の 『T』は、本当に達成したい目標まで深掘りする。 は、達成した時の自分の姿がイメージできるほど良いです。

「どのブランドの服で、誰と、どこに行く」など、より具体的なところまで想像を膨らませましょう!

 

皆さんが、より良い目標設定ができると嬉しいです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

以上、やんしたでした!

-ダイエット・健康, マインド・意識

Copyright© こば夫婦の結婚1年目の教科書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.