副業・仕事

【解剖学?】未経験からのパーソナルトレーナーになる為に必要な3つのスキル

ケトルベルを持った男性

 

こんにちは!

RIZAPで未経験からパーソナルトレーナーとして働いていました、こば(@koba_fufu)です。

 

未経験からパーソナルトレーナーになるために必要なスキルは何でしょうか?

私は未経験からRIZAPのパーソナルトレーナになり、約3年間ボディーメイクの指導をさせていただきました。

未経験からパーソナルトレーナーを目指している方も多いと思いますので、今回はパーソナルトレーナーに必要な3つのスキルを解説したいと思います!

 

パーソナルトレーナーに必要な3つのスキル

 

1、プランニング力

まず、必要になるのがプランニング力です。これはパーソナルトレーナーにとって非常に重要なスキルとなります。

プランニングは日本語で企画立案や計画といった意味なのですが、何故パーソナルトレーナーに企画立案のスキルが必要となるのでしょうか?

パーソナルジムに来るお客さんは自分の体に何かしらの不満があるので、パーソナルトレーナーの力を借りて理想的な体になりたいと思っています。

例えば、腹筋を割りたいと言うお客様がいたとします。

トレーナーは、減量してお腹の脂肪を減らすと下にある腹筋が見えてくるという原理を知っているのですが、それをそのまま「お腹の脂肪を落とすと下にある腹筋が見えてくるので、まずは減量しましょう!」とお客様に伝えても、どのくらいまで減量したらいいのか?またどのくらいの期間がかかるのか?お客様はいまいちビジョンが見えません。ただでさえキツい減量を期間も分からないまま続けるのはまず無理です。

具体的に自分が理想とするカラダがあるお客様はまだいいのですが、中には理想とするカラダが自分でも分からないといったお客様も多くおられます。

もし、トレーナーのプランニング力が低い場合、ゴールを明確にしないままボディーメイクを開始してしまうか、トレーナーが身勝手なゴールを設定してしまいます。

この状態でボディーメイクを続けても、お客様はゴールがないスタジアムでサッカーボールを蹴っているか、ゴールとは全く逆の方向に向かってサッカーボールを蹴り続けることになってしまいます。

では、プランニング力が高いトレーナーの場合はどのような行動をとるのでしょか?

達成基準と具体的かつ現実的な数値目標を設定する

お客様が何故ボディーメイクをしよう思ったのか?どのようなカラダになりたいのか?、ボディーメイクをしようと思った動因をしっかりと掘り下げて、ニーズを汲みとり、目標をより具体化します。例えば「痩せて筋肉を増やす。」という目標を掲げるとします。この状態では少し抽象的すぎるので「ノースリーブの服を周りの目を気にせず着れるまで減量して、お腹に腹筋の縦線が入るように筋肉量を増やす。」といった達成基準となる目標を立てるようにします。

しかしこのままでは、具体的にどのくらい減量をすれば目標を達成できるのかが分かりにくいので、数値化して達成指数を設定します。

減量の数値目標としては体重や体脂肪率などが分かりやすいと思いますので「ノースリーブの服を周りの目を気にせず着れるよう、体重を7kg減量して、お腹に腹筋の縦線が入るように筋肉量を増やす。」といった具体的で数値化された目標を立てることができます。

そして、実現可能かつ期日を設けた減量プランを考えます。

例えば「1ヶ月で10kg痩せる!」といったあまりに非現実的な目標設定をしてしまうと、理想とのギャップに日々のモチベーションが低下してしまいます。逆に「1ヶ月で1kg痩せる!」のような難易度の低い目標設定も気の緩みからの間食などを招いてしまうので、トレーナーは頑張れば達成可能で現実的な目標を設定することが大切になります。

私がライザップでお客様のプランニングをする時は、「ノースリーブの服が着れるようになったらどこに行ますか?誰と行きますか?それはどんな人ですか?」といったところまで掘り下げることで、お客様の想像をよりリアルにさせ、定期的にその目標のリマインドをしてモチベーションが下がらないように意識していました。

このように、本当に素晴らしいプランニングは人を動かす力を持っているのです。

プランニングがしっかりとできていると非常に良いスタートをきることができます。しかし、減量は最低でも3ヶ月、長い人で1年以上続くものです。

そんなキツい減量生活を挫折することなく継続させる為に、パーソナルトレーナに必要なスキルは何でしょか?

 

2、リーディング力

お客様に挫折することなく継続していただく為に必要なスキルはリーディング力です。

リーディング力を日本語に訳すと先導するといった意味になります。女性とのデートでもそうですが、リードしてくれない男性よりも、リードしてくれる男性の方が頼り甲斐があって、この人なら安心して付いていけるといった評価をもらえますよね。

ボディーメイクやダイエットは時に辛いもので、ほとんどの人が途中で挫折してしまいます。そんなお客様を挫折しないようにリードするのもパーソナルトレーナーの役目です。

寄り添いと熱意を伝える

しっかりと寄り添えていれば、「少し停滞してきたな」とか「仕事が忙しい時期でストレスが溜まってきているだろうな」といったお客様の心境をトレーナーが汲みとることができます。

そんな辛いタイミングで、「今は大変だと思いますが、必ず乗り切れるので一緒に頑張りましょうね!」と声をかけてあげるだけで、「私が辛いことに気づいてくれてたんだ。頑張って乗り切ろう!」とモチベーションを保つことができます。こういった細かいケアがトレーナーに対する信頼度の向上に繋がるのです。

しかし、停滞期が長くなると「一緒に頑張りましょう!」といった励ましでは、「私は頑張っているのに。。。」とお客様は感じてしまい逆効果になってしまいます。

こんな時は、「私は本気であなたを変えたいんです」とトレーナーの熱意をお客様にぶつけます。

こんなにも自分のことを変えたいと思ってくれているんだ。」と感じてもらえれば、折れかけていたお客様の心をトレーナーが支えることができます。

私の経験だと、初めて減量をするお客様は、減量中は当たり前のように2〜3日の停滞や、生理前の停滞が起きることを知らないので、非常に心配になってしまいます。そんな時は「一時的なものなので安心してください」といったケアをすれば大丈夫なのですが、数週間も停滞が続くといくら御託を並べてもお客様の心には刺さりませんでした。やっぱり本当に大変な時、人の心を動かすのは熱意や誠意といったもので、トレーニングや食事内容を変えなくても、熱意をぶつけた翌日から停滞を抜け出したってこともありました。これには本気でぶつけた言葉には目には見えない力があるんだなと感じましたね。

 

3、営業力

最後は営業力です。やっとビジネス的なスキルが出てきましたね。

ライザップに勤めていた時も営業力があるトレーナーは少なく感じました。パーソナルトレーナーの営業は、サプリやプロテイン、器具を購入してもらう、コースを継続してもらう、友人を紹介してもらうといった内容です。

しかし、パーソナルジムでサプリなど高額な契約をさせられるのではないか?と思っているお客様も多いので、そんな方に納得もしないまま商品を売りつけてしまうと更に不信感が強まってしまいますよね。パーソナルトレーナーに限らずですが、単にサプリやプロテインを売ったりするような、押し売りは絶対にNGです。

ではどのように営業をすればいいのでしょうか?

信頼関係を築き、お客様の悩みを解決する

営業では信頼関係の構築が必須条件です。お客様と良い信頼関係を築くことと営業の仕事を円滑にすることはほぼイコールで繋がっています。

信頼とは1日で勝ち取れるものではなく、素晴らしいプランニングや細かなケアなどで、コツコツと積み重ねていくものですよね。第一印象から日々のお客様に対するフォローをしっかり意識してみてください。お客様のありがとうの数だけ営業成績として必ず自分に返ってきますよ。

そして、信頼関係を築いた上でお客様が困っていることに対して、本当に必要な物を提案するという考え方を持って営業すれば、納得して契約をしてくれます。

営業の役割はサプリやプロテインなどの商品を紹介することではなく、お客様の問題や課題を見つけて、それを解決する方法を一緒に考えることです。

あくまでサプリやプロテインなどは問題を解決する為の手段の一つで、私はあなたの問題を必ず解決しますよ!といった姿勢でお客様に接さなければいけませんね。

 

未経験からパーソナルトレーナーになっても食っていける【体験談】

 

まとめ

  • プランニング力・・・具体的な目標設定で挫折しない環境を作ろう!
  • リーディング力・・・細かいケアと熱意でお客様をリードし、信頼関係を築こう!
  • 営業力・・・信頼関係を築き、お客様の問題を見つけて一緒に解決しよう!

 

解剖学などの知識は基礎で十分

パーソナルトレーナーに必要なスキルや知識として、まず最初に思いつくのは解剖学や生理学などの身体に関する知識だと思いますが、もしあなたが未経験からパーソナルトレーナーを目指す場合、基礎的な解剖学や生理学の知識があれば、パーソナルトレーナーとして現場に立つことができます

もちろん解剖学や生理学などの知識はパーソナルトレーナーとして必要なスキルですが、基礎学習をしておけば一般的なお客様のニーズは十分カバーできますのでお客様にも満足していただけます。

しかし、プロレベルのアスリートから人工股関節や糖尿病のお客様など様々なニーズに答えるパーソナルトレーナーになるには高いレベルでの知識が必要なので、解剖学や生理学などは入社してから、しっかりとブラッシュアップしていきましょう!

ライザップや24/7ワークアウトなどでは入社後にしっかりとした新人研修期間やOJT期間を設けているので、未経験の方でも新人研修で勉強すれば解剖学などの基本的な知識は全て身につくき、お客様に安全で効果の高いサービスを提供することができます。

 

最後に

上記3つのスキルを意識すればパーソナルトレーナーとして、しっかりお客様のサポートをすることができます。

解剖学などの知識は必要とするお客様が現れた時に学んで提供すればいいので、日々の勉強も合わせておこなってみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

-副業・仕事

Copyright© こば夫婦の結婚1年目の教科書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.