貯金・投資

家計管理で把握すべき2つのポイントを解説!【お金が貯まる家計簿の付け方】

 

家計管理
・家計簿を付けてみたけど続かない・ちゃんと管理しなきゃと分かっていても面倒くさい・どうやって家計管理すればいいか分からない
・把握すべきポイントが知りたい

 

本記事はこんな悩みを解決します。

 

こんにちは!

過去の自分に向けて結婚1年目の教科書を発信している、こば(@koba_fufu)です!

 

家計管理について冒頭に書いたような疑問を持っている人は多いと思います。

家計を把握することは資産形成の入り口でもあるので、効率良くお金を貯めるために重要なポイントは押さえておきたいですよね。

 

一見、細かい管理が必要で難しく感じる家計管理なのですが、実はたったの2つのポイントさえ抑えれば誰でも簡単に正しく家計管理ができるんです。

僕たち夫婦の家計管理もこの方法を使っていて、しっかり家計を把握して無駄な出費を抑えることで、ガッチリお金を貯めることができています^^

 

そこで今回は、家計管理を難しく感じている人に向けて『誰でも簡単に家計管理ができる2つのポイント』を解説していきたいと思います!

 

 

家計管理の目的を決める

 

まずは家計管理をする目的を決めましょう。

目的を明確にすることで把握したいことが見えてくるので、自分が今何について知りたいのかを決めてから家計管理を初めてみてください。

 

『家計簿が続いたことがない』

『カードの引き落とし額が予想より多くて驚く』

『今自分の資産がいくらあるか分からない』

『なんとなく給料から余ったお金が貯まってる』

 

心当たりがある人いませんか?^^

家計管理が甘い人には結構こういった人が多いんですが、みんな共通して『何を把握したいかが不明確』なんです。

 

家計管理するにあたって何を把握したいか目的を明確にしなければならないのですが、これに当てはまる人は大抵、家計簿の選び方や、家計簿の書き方などの管理手法の方ばかりに気を取られてしまっています。

家計簿をつける目的は人それぞれ違うのに、本屋さんやネットで家計簿について調べても管理手法の紹介ばかりされているので無理もないのですが、一番大切なのは『その管理手法が目的に沿っているかどうか』なので、まずは目的を明確にしていきましょう^^

 

家計簿を付ける目的は具体的に以下のようなものがあります。

 

・老後資金がいくら貯まるのか

・子供の教育費を貯めることができるか

・マイホームを購入してもやりくりできるか

・300万円の車を一括で買いたいが、いつになったら貯まるのか

 

このように、まずは今自分が何について知りたいのかを明確にして資産管理を始めていきましょう。

目的が明確になると「自分がどんな行動をとるべきか」が分かるので、次のステップにどんどん進めますよ^^

 

目的が明確になると

家計管理をするにあたって「○○」という目標を立てた

「○○」という目標を立てたけど、△△が不足しているな

なら、××の行動をしていこう

自分たちに何が不足していて、不足を補うにはどんな行動が必要か分かる!

また、目的があれば継続しやすい!

 

 

家計管理で把握すべき2つのポイント

 

家計簿をつける目的が決まったら、次は家計管理で把握する2つのポイントを押さえておきましょう!

これを知っておくと家計管理がとっても簡単になるので是非覚えてくださいね^^

 

家計管理のポイント①:必須生活費

 

家計管理で把握すべきポイントの1つ目は『必須生活費』です。

必須生活費とは家賃や電気、スマホなどの生活する上で最低限必要な費用のことです。

 

毎月いくらあれば暮らしていけるのかが分からなかったら、お金の不安は無くなるはずがありません。

なので、まずは必須生活費から「毎月いくらあれば暮らしていけるのか」ということを明確にしていきましょう。

 

必須生活費

・家賃
・食費
・水道光熱費
・通信費
・衣服・美容費
・医療費
・車の維持費

項目は人それぞれなので、自分にとって暮らしていく上で必要な費用は何かという考え方でピックアップしましょう!

 

上記は毎月支払いがある項目なので月にいくら必要なのか把握しやすいですが、生活をしていると「家電が壊れた」「結婚式に招待された」「家の固定資産税」などの大きな出費によるブレが出てくると思います。

 

このように出費のブレが発生すると「結局いくらあれば最低限暮らせるか?」が分かりにくくなってしまうので、出費のブレに対応するには、これらの出費も必須生活費に組みこませておく必要があります。

 

これらを踏まえて必須生活費を把握するポイントは、出費を年間で見るということになります。

 

年間費用

・冠婚葬祭
・家電購入費
・車購入費
・各種税金(固定資産税、自動車税)

 

毎月かかる費用と合わせて年間費用を12で割った金額が必須生活費となり、これが把握できれば「いくら収入があれば暮らせていけるか」「今の資産で何年暮らせるか」といったことが分かってくるので、お金の不安もなくすことができます。

 

ポイント

・必須生活費は『生活する上で最低限必要な費用』

・月間費用と年間費用を合わせて考える

・必須生活費を把握すれば「いくら収入があれば暮らせていけるか」などが分かるのでお金の不安も解消される

 

家計管理のポイント②:非須生活費

 

家計管理で把握すべきポイントの1つ目は『非必須生活費』です。

 

非必須生活費とは、文字通り暮らしていくためには必須ではないけど、ストレスなくゆとりある生活をするために必要なお金です。

 

『贅沢とまではいかないけれど、ある程度これくらいまでは使いたい』のようなお金を集計してみてください。

 

例えば以下のようなものがあります。

 

非必須生活費

・趣味代
・旅行代
・飲み代、ランチ代、カフェ代
・+αの美容代、衣服代

非必須生活費は人によって差が大きい部分だと思います。
こちらも月間費用と年間費用にで考えましょう!

 

ストレスなく暮らしていくにはある程度のゆとりも必要ですが、やりたいことや欲しいもの全てを満たそうと思ったらいくらお金があっても足りないので、自分でここまでならストレスも溜まらないし家計も圧迫しないというバランスで調整をしてみてくださいね^^

 

家計管理はマネーフォワードで手間をかけず

 

家計管理や家計簿を始める際に、どの家計簿にしようか?と考える人も多いかと思いますが、『マネーフォアード』というアプリを使用すればとっても簡単に家計の管理ができます。

なぜ簡単なのかというと、最初に口座やクレジットカードのをマネーフォアードに紐づければ後はアプリが自動で家計の集計をしてくれるからです。

自動で集計してくれるので、家計簿が続かないという問題は必ず解消できます!

 

しかしアプリに口座やクレジットの情報を紐づけるのはちょっと怖いなぁ、という人もいると思いますが、サービスを運営している株式会社マネーフォアードは東証マザーズに上場していて、時価総額なんと1500億円超の超一流企業なのです。(2020年9月現在の時価総額1687.61億円)

それにお金の引き出しに必要なパスワードやクレジットカード番号は入力しないので安心して利用できます^^

 

ユーザー数も1000万人以上で、僕も資産管理にマネーフォアードを使用していますが超便利なのでみんなが使う理由が分かります。

 

管理手法選びは自動集計してくれるので途中で挫折することがない『マネーフォアード』一択でしょう◎

ちなみにアプリは無料版と有料版があって違いはこんな感じです。

有料版と無料版の違い

有料版と無料版の違い

 

より細かく管理したい人は有料版を、ざっくり家計を把握したい人は無料版を選ぶといいですね。

 

まとめ:家計管理は必須生活費と非必須生活費を把握しよう!

家計管理を正しく継続するために、まずは目的を明確にして「必須生活費」と「非必須生活費」を把握することがポイントでした!

また無理なく確実に継続するために、マネーフォアードアプリを使用して自動集計することも大切ですね。

家計を知ることは、資産形成の入り口であり、これを把握ていると「何が家計の足を引っ張っているのか」「どのくらいの収入が必要なのか」も自然と分かってお金に対する不安も解消されます。

 

20年後の自分はどうなっていますか?どうなりたいですか?

20年後は遠いようで近い将来です。その時の自分を作るのは今の自分です!

皆さんも今日から行動して、理想の未来像を現実にしましょう^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

また別の記事でお会いしましょう!

-貯金・投資

Copyright© こば夫婦の結婚1年目の教科書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.